SEDITION / Earth Beat LP Hessian sacks Cushion

Sedition / Earth Beat LP Hessian sacks Cushion

Sedition x Punk Tribe第三弾!
前作の Earth Beat LP T-shirts のデザインを 45cm x 45cm のオリジナルクッションカバーに落とし込んだ日本製反骨良品。
Earth Beat LPの販売当初 (1993年) 初回リリース分に使用されていた麻袋ジャケットをイメージして作られた麻100%のクッションカバー。

オリジナルの麻袋ジャケットは工業用の麻袋が使用されていましたが、
クッションとしての利便性を考慮して素材にはウォッシュ加工を施した肌触りの良いヘビーリネンキャンバス (麻100%) を採用。
プリントには染み込み顔料インクを使用し、オリジナルの麻ジャケットの風合いを可能な限り再現しています。

また Seditionのメンバーが Vegan であることからスライダーの色は枝豆グリーンでアクセントをつけています。
今回から新たにリニューアルされたPunk Tribeオリジナルピスネームタグが右下についています。

MATERIAL : LINEN 100% ( HEAVY LINEN CANVAS )
SIZE : H 45cm x W 45cm

ライナーノーツ / TEXT by BUNTA ( PUNK TRIBE ) ★

Seditionの音源として2作目に入手したのがこのEarth Beat LPであった。

どこで入手したかは覚えていないがsplit LP with Pink Turds In Space同様に
昔名古屋の大須にあったグレートロックンロールスウィンドルであったと思う。

自分が手にしたものはセカンドプレスの紙ジャケット仕様のものでボール紙に黒でトライバルなデザインが印刷されていて、
それまで触れてきた従来のハードコアパンクバンドとは一線を画すナチュラルで民族的なアートワークにはとても衝撃を受けた。

その頃仲間内で海外のパンクスと手紙のやり取りをしレコードをTrade(交換)したり通販するのが流行っていた。
日本では入手困難な音源を彼らが探している日本のバンドの音源と交換し沢山の素晴らしいレコードを手にしたものだ。

FinlandのトレーダーがStar Clubのファンクラブ限定のソノシートとSwedenのShitlickersのEPをトレードしてくれた時はとても嬉しかったのを覚えている。

そんなある日、当時連んでいたLazyがSeditionの麻袋ジャケットをメンバーから直接購入出来たと見せてくれた。 レコードには絵葉書も同封されていてお礼の言葉と現在ホームレスの生活を送っていると聞きリアルなパンクライフに二人で驚いていた。

それから何処のレコードショップでも麻袋ジャケット仕様のこのLPを見つける事は出来なかった。 時は流れ21世紀、Discogという便利なツールの誕生により麻袋ジャケットのLPをいとも簡単に見つけ入手する事が出来た。

実際に手にしたこのLPのFlat Earth Recordsのメンバーによる手刷りのプリントの麻袋ジャッケットは
Seditionが示したトライバルなパンクを象徴するモノなのだと再確認する事が出来た。

===========================================================================

◾Sedition Brakakus Japan tour 2019 with Reality Crisis◾
12th Jan Sat @ Earthdom Tokyo
13th Jan Sun @ El Pulente Yokohama
14th Jan Mon @ Red Dragon Nagoya
販売価格 6,480円(税込)

数量